ハロウィンパーティの仮装|魔女の衣装&とんがり帽子手作り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハロ2

英会話教室のハロウィンパーティがあります。毎年恒例です。

子供の仮装衣装、最初は黒猫って言ってましたが、途中から魔女に変更。

I’ll be a witch this year!

出来上がったのがコレです。

魔女

買ったのは、マントのみです。

他に、100円均一ショップで追加しました。あとは、黒の色画用紙、5枚で200円ほど。
その他は、すべて家にあった物で、子供と楽しく作りました。作る過程が楽しいです。

服も、ちょっとお出かけ用に持っていた服。一日の為に買うのは、もったいないです。
すぐにサイズアウトしちゃうし。写真には写っていませんが、バックは牛乳パックで作りました。

これで、なんとなく、魔女に見えるかな?
子供が気に入っているので、よしとしましょう(^^)/ 簡単な作り方を紹介しますね。

スポンサーリンク

手作りステッキの作り方|魔女|ハロウィン衣装

これは、まずは、家の中で棒を探しました。細めの突っ張り棒を発見。芯になるもの。
何でもいいと思います。

そして、それに、新聞紙を巻きました。固いままだと危ないので。
その上に銀色の折り紙を貼り付けます。

そして、赤いリボンをクルクルと巻きつけて上でリボン結びをします。テープで止める。
その下に、ビニールテープで作った、フサフサをつけます。

これは、娘に両腕を出してもらって、グルグルと巻いて、真ん中を結んで、あとは、細かく裂くだけです。
ボンボンと同じです。腕でやらなくても、ティッシュペーハーの箱に巻きつけてもOKですよ。
それをテープで巻きつけて、その部分を隠す為に、私のシュシュを巻きつけました。

とんがり帽子の作り方|魔女|ハロウィン衣装

これは、ちょっとだけですが、ひと手間、加えてみました。写真で解説します。
つばの部分です。ペラペラだと折れてしまうし、まっすぐより少し傾斜をつけたかったので
段ボールで芯を入れました。

黒い色画用紙につばの部分を円に切り抜きます。これ、コンパスでは、こんな大きな円は書けません。
なので、家にある、大きめの円を探しました。ピッタリだったのは扇風機!

帽子1帽子2

それを、ポンと置いて、ぐるっと鉛筆で書いて切るだけ。
それから、内側を丸くくり抜きます。とんがり帽子が入る部分ですね。
これは、お皿にしました。子供の頭の大きさに合わせたサイズを探してくださいね。

これと同じものをもう1枚作ります。2枚重ねます。1枚は上から被せる用です。

ここで、つばの部分に、適当に細かく切った段ボールを貼り付けて行きます。

帽子3

次に、とんがり帽子を作ります。扇形に切ります。
1辺は25cm、角度は130度ぐらいにしました。これも、コンパスで書けないので
30cm定規で、ところどころ点を打ちます。それを結べはokです。
多少ズレていても、切込みを入れるので大丈夫。のりしろ部分も作ってください。

帽子4帽子5

底に、少しずつ、まんべんなく切込みを入れ、つばに貼り付けます。
多少、雑でも、上から、もう1枚つばを重ね合わせるので大丈夫。子供にやらせました。

帽子6

こんな感じになります。そしたら、もう1枚のツつばを上からかぶせて、ふちフチの部分を糊付けします。
フチだけで中心は浮かせます。その浮いた部分をファーを2重にして上から乗せて隠したら完成です。
このファーは100円均一で購入。自宅にあるリボンなど、何でもいいと思います。

帽子7

パッと見は綺麗でしょ?
でも、大雑把で雑なんです。9歳の子供に出来るだけやらせました。子供の工作です。
ポイントは、雑にやっても、あとでデコレーションで隠せばok。そんな気持ちで楽しむこと。

家にあるもので使えそうな物を一緒に探すところから、工作まで、是非、親子で楽しんじゃいましょう。
良かったら、試してみて下さいね。

Trick or treat! Hope your Halloween is a Treat

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る