組体操・タープなど運動会について思うこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
a0960_005116

テレビで、今時の運動会事情について特集をやっていました。

昔とは変わって来てるんですよね。

ただ、組体操の伝統は変わってないけど、最近、問題になってきましたね。

とうとう、文部科学省として取り組むべきだと、組体操の規制をめぐって、国が動き出しました。

学校の判断から、国へと大きな問題になってきましたね。

スポンサーリンク

組立体操・組体操について

子供の学校はマンモス校。人数が多い。新興住宅地。過疎が進んで、廃校寸前から、市で一番人数が多い学校となりました。

5.6年合同で300人近くで組体操をしています。
今年は、いろいろと話題になり、段数を減らした学校が多い中、7段でした。
一番上の子がしっかりと立って成功。拍手の中、終わりました。圧巻でした。

補助の先生達がたくさん周りで見守っていました。怪我がなくてホッとしました。

そこまでして、7段やらなくてもと、個人的には思います。高いです。
4段をたくさん作ればいいのでは? 保護者からの意見はないのだろうか?

そもそも、組体操は一致団結して、協力し合い、1つのことを成し遂げる達成感だと思う。
相手を信頼すること。

ただ、必然的に体重が重い子が下。軽い子が上になります。
耐えることも大事です。学ばせる、いい機会でしょう。それは、わかります。

組体操の指導書には、小学校では7段くらいまで可能と書かれているそうです。
その場合、一番下の子にかかる重量は、90kgほどだと言われています。
これを無理強いするのは酷かなという気がします。

ちなみに、うちの子は、嫌だと言ってます。嫌だで逃げず、やってほしい。
親としては、安全であれば、4段程度で続けて欲しいと思います。

けど、強制することでもないかと思うんです。
他の団結競技に変えても。選択制にしてもいいのではないでしょうか?
集団行動のような競技でもいい気がします。

そう、安全であることが一番ですね。万が一でも事故は起きて欲しくないです。

運動会組み立て

運動会でのタープ・テント・脚立の使用

番組でも言われていましたが、うちの学校も場所取り争奪戦が繰り広げられます。
前夜からです。深夜の場所取りが許可されています。
知らなくて、去年、朝6時に行ったら、空いてる場所が少なくて驚きました。遅すぎでした。

普通のシートなら、遅くに行っても場所はとれます。問題なのは、タープやテントの設置場所。

そうなんです。今時の運動会は、まるでキャンプ場のようなんです。
テントやタープを設置して、テーブルや椅子を組み足てたり。
大きなテントも後ろに並びます。場所取りでペグにロープが張ってあります。

1年生の時、本当にびっくりしました。近所付き合いをあまりしていないので、情報が入ってこず。
なんじゃこりゃと。こんなのおかしい。迷惑じゃ。自分の子以外の時はテントで寝る。
それが当たり前? 青空の下でお弁当食べないの? と、ブログでそんな記事を書いてましたね。

カメラを撮る場所が用意されているのに場所取り。そして、そこに脚立でビデオカメラを回す。
背の高いお父さん達が脚立に乗ったら、まったく見えません。これも、常識なの?と。

しかし、2年生の時、子供に、暑いよ。みんな、日陰でテントの中なのにと言われた。
そして、普段、肉体労働の旦那の疲れている姿を見て、タープを買おうかと。

結果、3年生から、同じ仲間になりました。ワンタッチの小さいタープを購入しちゃいました。
校庭の隅っこの方を場所取り。わが子以外の時は、タープの中で休憩。
はい、やっていることは同じですね。脚立も小さいものですが、邪魔にならない程度で持参。

学校が許可している。だから、悪いことをしているわけではない。
これ、禁止している学校もあるでしょう。
みんながやってるから・・って考えは好きではないけど。やってる立場では何にも言えない。
でも、違和感は感じています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る