読書感想文が苦手な子に なんとか書かせる方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
dokusyo11

自分が子供の時は、読書感想文を書くのが好きでした。変わってる?
今日、主人に聞いたら、そんなもん嫌いに決まってるだろと。

スポンサーリンク

読書感想文を嫌いにさせないで書かせる対処法

私は、あまり困った経験がありません。もう、昔のこと過ぎて記憶が曖昧ですが(;’∀’)
ただ、選ばれた時に、先生に、ここ直してって言われた記憶だけが残ってます。
書き直すのが、子供心に嫌でしたね。

そう、親は、書き直しを要求したり、口を出し過ぎちゃいけないんですね。
書くことを嫌いにさせないことが大事です。温かく見守りましょう。

と言ってはみたものの、我が子、苦手なんですよ~。毎年、大苦戦。
なかなか書けなくて困ってます。夏休みの宿題で、一番大変です。

いろんなサイトを参考にしました。いろんな本も借りました。
それは、後から紹介しますね。

そんな子に、どうやって書かせるか。それも、なるべく嫌いにさせず。
もちろん、過度な口出しはダメですが、少し誘導するのはいいと思います。
特に低学年のうちは、コツを掴むのが大事ですよね。1年生で嫌いにさせないこと。

書く内容に困っている時は、まず、原稿を、なんとかして埋めないといけません。
我が家の対処法を簡単に書いてみますね。

好きな本を選ばせる。購入する

まず、本選びが大事。子供に表紙の絵を見せて選ばせよう
あらすじを説明する前に、表紙絵から選ばせる。

こっちのが書きやすいんじゃない? と余計な口出しはしない。
それから、どんな内容か、簡単な説明文を読む。

そして、決めましょう。ページ数が少ない本にと安易に決めないように。
興味がある、読みたくなる本にしましょう。

課題図書は、図書館だと、なかなか借りられず、突然、順番が回ってきて
1週間で返却です。苦手な子は、時間に追われると、更に書けません。

出来れば、思い切って購入しましょう。親子で読みましょう(^o^)
会話のきっかけにして、たくさん、会話しましょう。
課題図書は、良いテーマ、作品が多いです。是非、親も一緒に読みましょう。

自由図書であれば、とにかく好きな本を選ばせましょう
自由図書の方が、もちろん書きやすいです。
図書館で借りてきて、何冊か読んで書きやすい本を選びましょう。

親も楽しそうに読む。その姿を見せる。忙しくても、小学生の本です。
少しの時間で読めます。子ども目線で、同じことをしてみましょう。

そして、子供が読んでいる時に、あらすじや、思ったことを話してくれたら
聞き役になりましょう。とことん、読みつくすことです。

また、気になった個所には、付箋をつけさせます。

IMG_8490
今年の小学生の高学年の課題図書。表紙絵から娘が選んだ本です。

【参考】
第62回 青少年読書感想文全国コンクール 課題図書

質問をして、その答えをメモする

読み終わったら、子供に、いくつか質問してみます。
そして、その答えを書かせます。大きな紙に、ランダムに走り書き。
無理に答えなくていいし、答えは、いくつでもいいです。

質問内容は、本の内容に合わせつつ、あまり踏み込まない質問
誘導尋問にならないように。具体例をいくつか書きます。

● どうして、この本を選んだの? どこが気になった?

● 表紙の絵から、どんな内容を想像した? それは、当たってた?

● どんなテーマで書かれていたと思う?

● 自分と似ているところ、共感できるとこはあった?

● どんな登場人物、動物が出てきた? 一番気になった人は?

● もし、自分がその立場だったら、どうした?

● 一番、面白かった、びっくりした場面は?

● 悲しい気持ちになった場面は?

● 印象に残った言葉、会話は?

● 主人公、登場人物に、自分がかけてあげたい言葉はある?

● 読み終わって、自分が何か変わろうと思えることはあった?

他にも、本人に、自由に書きたいこと、頭に浮かんだこと、場面をメモさせます

勉強女子

メモを切って、順番に並べてみる

答えた内容を好きな形、丸やハートに囲んで、切っちゃいましょう。
そして、感想文を想像して、順番に並べてみます。

それを見ながら、順番に原稿用紙に、下書きします。
その時に、メモの言葉を、更に詳しく修飾しながら書きます。
改行もきちんと入れる。会話は「」をつけて改行する。

本を選んだ、きっかけから、自分が読み終えて、どう変わったか。
その流れを一通り書きます。だいたいの字数がわかります。

足りない時は、つなぎを。多少、あらすじを絡めつつ、つなぎます。
多すぎたら、削ったり、まとめます。

そして、タイトルを最後に決めさせます。
それから、清書します。できあがったら、とりあえず褒める。
誤字脱字以外は、訂正させない。もっと、こうしたらと思ってもです。

ちょっと手間は、かかってますが、じーっと考え込んで、時間が過ぎるよりはいいです。
年々、少しずつ上達してきています。

明日から夏休み。夏休み最初に、読書感想文を片付けちゃおうと計画してます。
もう高学年なので、一人で出来るなら静観します(^o^)/

読書感想文を書くのに参考になる本とサイトについて

読書日記

これ、知ってますか? フィンランドの子どもたちが使ってる読書日記です。
リストがあり、読んだらシールを貼って、一言感想を書く。それだけなんです。

おススメの本が、わかるとともに、シールを貼っていき、達成感があります。
即、読書感想文に繋がりませんが、読書の習慣がついていると楽です。

本を読みたい気持ちにさせる本です! 4歳から小学生までの日記です。

ドラえもんの学習シリーズ

このシリーズは娘のお気に入り。楽しく、わかりやすく書かれています。

書店に、特設コーナーがありました。この時期、対策本がたくさん販売されています。

IMG_8812

書店に行って、中身を少し読んでみる。

図書館で、こういう本を探してみるのも、いいかもしれませんね。

読書感想文の書き方が書かれているサイトについて

その他、『読書感想文』『書き方』で検索すると、たくさんのサイトが出てきます。
どれが、おススメって決められませんでした(^^; なので、あえて紹介しません。

どれも、それが、的確に当てはまるかと言うと、なんか違う気もして。
子供が直接見るのには難しいのと、きっちりと枠に当てはめちゃうと
つまらない感想文になってしまいそうです。

流れを掴んだら、上記レベルぐらいの助けで、あとは自由に書かせた方がいいと思います。
あまり、上手く書こうとしないことがいいのかと。

原稿用紙の書き方は参考になるサイトがたくさんありました。探してみて下さい。

自由研究についてはこちら↓

夏休みの自由研究|参考サイトまとめ
夏休みです。夏休みのメイン宿題と言えば・・読書感想文と自由研究ですね。 時間がかかります。夏休みのビッグイベントです。今回は、自由研究につ...
トップへ戻る