ランドセルの素材の種類と特徴まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホランドセル

ランドセルを選ぶポイントに、素材があります。代表的な素材を、簡単に紹介しますね。

ぷりこ
素材もいろいろとありますよ

スポンサーリンク

素材の傾向

一番多いのが、クラリーノです。牛革、コードバンは、丈夫だけど、少し重いです。
ただ、それでも、一昔前よりは、軽くなってきて、そこまで差がないようです。
ランドセルは、年々大きくなってきましたが、軽量化も進んでいます。

でも、その少しの差が、お子様の体形によっては負担になるかもしれませんね。
小柄で、通学時間が長いお子様には、少しでも軽くと思いますよね。
革は高級ならではの味わいがあります。手入れ、耐久性の問題もあります。

人工皮革、クラリーノもいろいろ違います。
一番の特徴は、軽く、お手入れ簡単と言われています。

クラリーノ 、クラリーノエフ、クラリーノレインガード、クラリーノレインガードα
レインガードFX、クラリーノタフロック、レミナカなど、クラレの商標もたくさんあります。

タフロックは男の子にお勧めですね。レインガードはあった方がいいと思います。
クラレのホームページ、クラリーノタウンに説明があります。
クラリーノタウン

見た目も、つやあり、つやなしとあります。

総牛革は重く水に弱い為、防水牛革で裏地などに軽いクラリーノを使ったランドセルもあります。
クラリーノは軽いですが、牛革より引張り強度が弱い為、背負いベルトは牛革を使ったランドセルなど、 全部ではなく、場所によって、使いわけているタイプのランドセルも多くなってきました。

牛革、コードバンの製品は、老舗のランドセルメーカーで多く扱っています。
デザインが少なく、シンプルなランドセルが多かったのですが、最近は、オシャレなデザインが増えてきました。

素材に関しては、生地見本を送ってくれるメーカーもたくさんあります。
カタログと一緒に、取り寄せて、実際に触ってみるといいですね。
ちょっと、水で濡らしたり、少し傷をつけたり、耐久性も確かめられます。

素材の特徴

簡単にまとめます。

コードバン

非常に耐久性が高く、滑らかな手触りや美しい風合いが特長の高級革。
希少なため価格が高い。硬め。デザインも限られてきます。

牛革

吸湿性、通気性が良く身体にも馴染みやすい。
傷が付きにくく、目立ちにくい。高級感があり、丈夫。
使い込むほど味が出る。水に弱いので、防水加工はされていますが、お手入れは必要。

人工皮革・クラリーノ

まず軽い。型崩れしにくい。そして、水、汚れに強く、手入れが楽。
カラーバリエーションも多く、刺繍などの装飾も多い。

どの素材にも、メリット、デメリットがあるのですが、最近は、技術が発展して、デメリットをあまり感じません。

価格は コードバン > 牛革 > クラリーノ となります。

祖父母からのプレゼントだと、革の質にこだわるかもしれませんね。

新素材

上記の3つが代表的ですが、最近は、ちょっと違った素材も出てきています。

ニトリ×帝人

キズに強くて丈夫な『タフガード(R)ライト』と、背裏に使用している通気性の良い『エアリー(R)』 ひっかき傷が目立たない。そして、軽いのが特徴。男の子におススメです。

ベルバイオ5

主素材には本革のような光沢があり、傷がつきにくく水をはじくうえ、非常に軽い5層構造の人工皮革。
(株)FILWELが製造している人工皮革です。これは、もとは、カネボウが手掛けていた商品です。

ララちゃんランドセル、そして、大人気のナイキのランドセルもそうです。

ハネッセル×東レグループ

『エアヌール』は東レグループにより開発された新素材で、耐久性に優れ、軽くて、しなやか、お手入れが簡単、美しい外観が特徴。
『エクセーヌクラッセ』超極細繊維のベースに、上質でしなやかな美しい外観のレザー調人工皮革。
高い耐久性と軽くてしなやかな高級感あふれる素材。

地球NASAランドセル

『テンパーフォーム』は、NASAの依頼により開発された衝撃吸収素材です。
ランドセルの背中裏、肩ベルト裏内部に入れることにより、 衝撃をやわらげ、優れた吸収性により体にかかる負担を軽減します。
これは、かぶせの革とは違いますが、新素材として、テレビで紹介されました。

レクサス

『リアルソフトカーボン』hide k 1896が開発

レクサスのスポーツカー『LFA』のカーボン繊維と同じ素材を使用。
最高級の人工皮革ベルバイオでつくられているので軽量で丈夫。
水にも強く、革のように縫製、加工が可能。絹のような光沢。
革とはまた異なる美しさ、触り心地があると紹介されています。

羅羅屋で販売。15万円と高級です。

ぷりこ
見た目、耐久性、手入れがポイントね

ランドセルのカラーとデザインの変化|2017年人気色は?
最近のランドセルは、とってもカラフル。毎年、流行も変わり、どんどん新色が追加されています。 今回は、カラーの変化について書いてみますね。ラ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る