幼稚園のプールで溺れてからの娘のトラウマ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プール

今日、ニュース記事を読みました。
認定こども園のプールで女児溺れ意識不明。
年長の女の子が、今なお、意識不明とのことです。
このニュースについて、少し書いてみます。

栃木県の認定こども園のプールで女の子が溺れ、意識不明になっていることがわかった。
7月11日、栃木・那須塩原市にある認定こども園で、プールで遊んでいた年長の女の子が、うつぶせになって溺れているのを、監視をしていた職員が見つけた。
女の子は、すぐにプールサイドに助け出され、ドクターヘリで搬送されたが、現在も、意識不明の状態となっている。
園によると、プールは最も深いところで66cmで、当時、女の子のほかに、園児32人と、見張りの職員2人がいたという。
園長は「対策自体が、まだまだ認識が甘かったのではないかと。保護者の方にも、申し訳ない」と話した。
市の保育課は、「検証委員会を立ち上げ、再発防止策などを検討するべく、準備をしている」としている。.


この記事を読んだ時に、私自身もドキッとしました。
娘が幼稚園、年長の時に、溺れたんです。状況的には同じなんですね。

報告を受けた時、びっくりしました。隣に、元気な娘がいたから安心して聞けましたが
見慣れたプール、あんなに浅いプールで溺れることがあるなんて思ってもみませんでした。

多分、水深は50~60cmぐらい。娘の身長は120cmぐらい。
身体の半分の深さなんだから、立てば、溺れませんよね。足がつきます。

娘、この時のことを、よく覚えていて、今でも話します。トラウマなんです。
あれから、まだ、泳げないんですよ。時々、パニックになる。

プールの授業が大嫌いのままです。1年生の頃は、プールの授業のある日は、前日の夜、泣いてました。
なんとか、泳がせようとしていて、少しずつ、頑張らせてきました。
今年の夏休みも水泳教室に通う予定です。忘れて、水泳が好きになって欲しいです。

当時の状況を聞くと、プールの中にいた男性の先生が、背中からぶつかって来て倒れた。
うつぶせだったみたいですね。水の中は綺麗だなぁと思ったと。完全に沈んだんですよね。

少しの間、お友達達に踏まれてた? みたいです。小さなプールに1クラス30人近くの園児。
そして、園児なので、周りの状況に気付かないし、誰も言わない。夢中で遊んでます。

そんな中、自力で、なかなか立ちあがれないんですね。男性の先生の他に、担任の女の先生もいて2人。
それでも、目が行き届かない。男性の先生が、気づいてくれて、抱き上げてくれたようです。

その時は、鼻から水が入り、大パニックのようでしたが。それまでは、水が好きな子でした。
そっから、嫌がります。その後、しばらく、熱出してました。因果関係はわかりませんが。

このニュースの状況、似てます。30人程度で2人の見張り。十分な気がしますよね。
水深も浅くて、何が危険なの? と思われるかもしれませんが、危ないと思う。

園児は、泳げる子が少ない。誰もが溺れる可能性がある。
見張りが増やせないなら、もう少し、人数を少なく、分けてやった方がいいと思う。
こういう事故が起きて、ようやく、再発防止策が出来ます。

この女の子が、早く、回復することを願っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る