防犯対策|登下校時にひっくり返せる穴を空けずにとめる名札ピン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
防犯1年生

新学期です、ちょうど名付けの時期ですよね。

今日の夕方のニュースで紹介されていた商品です。
新一年生の防犯対策。名前を知られるのを防止する商品です。

スポンサーリンク

名前を書くのは危険

埼玉・朝霞市の少女誘拐事の経過がわかってきました。
フルネームを知ったのは、玄関前にあった、傘の名前だそうです。

我が家も玄関の外に傘立てを置きます。濡れた傘を入れてから玄関に入る。
そして、翌日、晴れてから、干して、玄関内の傘立てにしまいます。

これ、危ないんですね。外に置きっぱなし。。。気をつけようと思います。
娘の傘に名前書いてあります。フルネームです。学校からの指示。
苗字とマークでもいいかもしれませんね。

傘って、名前が書いてないと、似てると、誰のかわからない。
学校の傘立てから探しにくい。間違えちゃいそう。難しいですね。

外にある自転車も、カバーをかけて名前が見えないようにしました。
今の世の中、自分で防犯対策しないといけない。

一年生の名札について

何にでも、名前を書くように言われます。保育園・幼稚園はいいんです。
園と家の往復だけ。保護者と一緒にいることが多い。

けど、一年生から、急に、子供だけで行動する機会が増えます。

通学班はあるけど、自宅の前までではない。ほんの少しの距離だけど、一人になります。
約束をしてきて、近所の公園や、近くのお友達の家に行ったり。

学校からの指示で名札をつけている学校って多いのではないでしょうか?
帰宅後もそのまま、遊びに行ったり。これ、危険ですよね。

テレビでは、学校によっては、学校に着いてから、自分で名札をつけて、帰る時には戻す。
ちょっと面倒ですが、この方が安心ですよね。普及するといいですね。

でも、そんな学校ばかりではありません。うちの学校も、名札はそのまま。

服に穴が空くのを防ぐ商品はたくさんあります、以前、紹介ししました。

登下校時は、名前をひっくり返せる商品

その機能+ひっくり返せる商品が紹介されていました。
もう10年も前に開発された商品ですが、今、また話題になっています。
これ、学校で一括で購入すればいいのにと思いました。反対するお母さんはいないでしょう。

大阪の文具メーカー『西敬』さんのヒット商品です。
http://www.nishikei.co.jp/new_products/20141111_5441.html
ホームページに商品の紹介がされています。

10年先を配慮したって書かれていますが、本当ですね。
時代のニーズに合わせて商品は変わる。
他の商品にも興味が湧いて、思わず、いろいろと見てしまいました。

これ、いいと思います。簡単ですよね。一年生でも、一人でできます。
服の生地を挟み込むのは同じ。360度回転するようになっています。

登下校時だけ、裏返せます。そのまま遊びに行っても大丈夫。

学校が対策をしてくれないんだったら、自分で守る。
名前を知ってるってだけで、びっくりするし、話を聞いてしまうでしょう。
うちの子には、ダッシュで逃げなさいと言ってますが。

イニシャルやマークでもいいと思うけど、学校側からの指示があると困りますよね。
落とし物の時に困る。けど、犯罪に巻き込まれる方が、もっと怖い。

外には、わかるようなマーク。なるべく、中側にフルネームを書くようにした方がいいと思います。

犯罪防止と個人情報の保護の時代。文部科学省からの通達があるわけでもなく、学校の判断です。

昔は、名札をつけるのが当たり前でしたよね。
友達の名前を早く覚える。色でクラスが一目瞭然。
そのまま、洗濯しちゃって、親に怒られたことも。
裏には、住所と電話、血液型も書いていました。

物を大切に。なくしちゃダメ。ちゃんと名前を書こう。
見えるところに大きく書きなさい。そんな風に言われていた。

登下校が心配。防犯ブザー、防犯ホイッスルもつけています。
防犯対策が優先される世の中に変わったということですね。

n_2c

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る