共感できる?蛭子能収『ひとりぼっちを笑うな』がベストセラー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
_shared_img_thumb_AME8563_hitomoyou_TP_V

一人でいるって悪いこと? 一人って楽だよね。

2014/8発売 蛭子能収さんの著書がベストセラーとなっています。

ひとりぼっちでいることをけっして笑うことなく、そんな自分を微笑みながらいつでも受け止めてくれる人を見つけること。

蛭子さん、別に好きじゃない(^_^;)  ギャンブルして、お金の使い方も好きじゃない。

けど、共感できます。

自由でいる為に群れずに生きる

スポンサーリンク

孤独と孤高|『ぼっち』好き

よく聞く『ぼっち』これって、ネガティブな意味だよね。『一人ぼっち』

けど、『一人ぼっち』より、『ぼっち』って可愛い言葉だなって思いません?
なので、あえて、自分のことを『ぼっち』と言いましょう。

私は、小さい頃から、大人になった今も『ぼっち』でいることが多いです。

もちろん、蛭子さんは、一人じゃないよね?
結婚して、奥さん、お子さん、お孫さんもいらっしゃる。
テレビに出て、周りにはたくさんの人がいる。仕事、家族、充実しているよね。

だから、そんなこと言えるんだよって思う人がいるかもしれない。
そうでしょう。恵まれている人だと、私も思う。

自分も、家族がいます。恋愛して、結婚して、子供がいて。
会社に勤めていた時も、その時々で仲間がいて。

けど、基本『ぼっち』です。群れるのが嫌いなのです。疲れる。テンションを上げてる。
一人で映画見たり、ランチ行ったり、旅行は方向音痴なので、誰かと行きますが。

今もですね、一人で家にいて、好きな音楽聴きながら、好きなコーヒー飲んで
ぼちぼち書いてます。こういう時間が好き。

自由がいい。好きなことしてたい。干渉されたくない。
大勢だと、自分の言いたいことが言えなくなってくる。窮屈になる。

寂しい時もあるんだよ。そんな時は、一緒に行動する。
寂しい気持ちがないわけじゃない。

集団行動って、子供の時から、よく求められるよね。協調性は必要。
ポツンといると、先生から『もっと、みんなと関わりなさい』

家で一人で過ごしていると、母から『もっと、友達と遊んで来なさい』

わかります。大勢の方が楽しいことってあるよね。団結って大事よ。
必要な時は、みんなでやりますよ。大勢じゃなきゃできないこともある。

ただ、あえて、グループに属したくないの。

楽しそうなことがあったら輪に入ります。部活だってやってた。
共通の話題が出来る人と話したら楽しい。

修学旅行だとか、『何人以上になりなさい』あれ、困ったな。

会社では、女性同士の派閥みたいなものがあった職場も。
いつも同じメンバーでランチにぞろぞろ。違和感。

好きなもの食べたいじゃん。好きなお店に一人で行きます。
たまに一緒に話したい人がいたら、その時は行く。男女関係なく。

ママ友のランチ会。参加しません。ママ友います。情報交換も困ってない。
学校行事、待ち合わせてまで、一緒に行きません。好きな時間に行き、好きな時間に帰る。
そこで、タイミングが会ったら一緒に行動します。

そんなの『ぼっち』じゃない?

ちゃんと関わったうえで、一人の時間も好んでる。
笑われてるとは思わないけど、ポツンといると可哀相って思われてる気はします。
浮いてる。悪いことだと。そんな世の中だよね。

『一人じゃないよ』いい言葉だよね。誰かに助けられ、生きてます。
そこも理解して、周りに感謝しています。

蛭子さんが言うように、グループには、リーダーが君臨する。
よくも悪くも、その人に影響される。言いたいことが言えなくなったり。
みんな同じ扱いじゃなくなり、差別したり、いじめに発展したり、凶暴化したり。

大勢の集団になると、はじき飛ばされる人が出てくる。自分はそうなりたくない。
みんな安心する為に、群れるんだろうけど、安心できない。

SNSの時代、さらに簡単に繋がることができます。つい依存してしまう。
けど、大勢になればなるほど、自分らしさが消えていく気がします。

孤立、孤独、孤高。全部一人だけど、違う。孤高でありたい。

ただし、性格にもよると思う。子供には押しつけない。

一人でいることを気にしてたら、『一人でいることも悪くないよ』『一人でいる時の時間も楽しみなさい』と言っています。

『輪に入りたかったら、飛び込んでみたら』って。無理はしなくていいよ。

矛盾してるのかな? 親目線だと違うのも事実です。ただ、笑顔でいて欲しいだけですが。
自分にとっての居心地のいい場所にいること。距離を保つこと。自分らしくいること。

この本を読んだ皆さんは、共感できましたか?
一人でいることに対しての思い、ちょっとした、もやもやが消える本です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る