我が家の閉め出し事件簿と対策|子供・嫁・姑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
unhappy_woman4

姑がピンポンしていた。なぜ? なにしてるの?

スポンサーリンク

① 娘が姑を閉め出す編

『開けて―――』とヒステリックな声で叫んでいる。

娘が、キョトンとした顔をしていた。その後、ハッと気づいたらしい。

『あっ、鍵閉めちゃった!!!』ダッシュで玄関へ。

( ̄ε ̄〃)b 娘よ、ナイス (冗談ですよ)

学校から帰ってから、かれこれ20分ぐらい経過したような。

illust273_thumb

庭の倉庫で片付けをしていたらしい。あー可哀相に。小雨が降っていてたよゞ(^o^ゝ)

宗教か、セールスのおばちゃんだと思って、スルーしちゃいました。
洗い物してたし、よく聞こえなくて。わ、わざとじゃないからね。

姑がよく怒る。『ちゃんと鍵を閉めなさい。防犯意識が薄いのよ。
〇〇ちゃん じゃなくて、ママに言ってるのよ。ママが確認しなさい』と。

娘は、ちゃんと鍵を閉めますよ、教えを守ってね。偉いですね~。

② 姑が嫁を閉め出す編

朝、園バスのバス停まで、娘を送っていき、その後、たまに長話が始まることがあった。
基本的には、上手に逃げる。けど、聞きたい話題の時もある。

たまーに参加するのだ。これが長い。本当に長い。1時間近くになる時も。
何をそんなにと思うでしょう。なかなか、抜けられないのだ。冬は寒いし、夏は暑い。

半日保育だと、もう帰ってきちゃうんじゃと思ってしまう。時間がもったいない。
立ちっぱなしで疲れる。そして、ようやく帰ると、玄関が閉まっているのだ。

llllll(-ω-;)llllllガーン

なるべく鍵をかけて、鍵を持って出るようにしてるけど、朝、時間がない時もある。
子供が走って出ていき、追っかける。そんな時に限って、長話になる。

しぶしぶピンポンします。なかなか出ないんだな、これが。しつこく、ピンポン連打。

『まだ、外にいたの?』と呆れられる。 えぇ、なかなか入れなくってね。

嫁姑

③ 娘が母を閉め出す編

これはですね、ベランダで洗濯ものを干している時、娘が鍵をかけたんだな。

確か、1歳から2歳の間ぐらいだったような。つかまって立つんですよ。
ちょうど、鍵に手をかけて重心をかける。そうすると、閉まっちゃうんですね。

身振り手振りで必死で伝える。ママは真剣に困ってるんだよーと。

近寄ってきて、窓に手は行くんだけど、面白がってるだけで、鍵を開ける気配がない。
笑ってる。ガラス越しって、子供にとって楽しいんだろうね。

一応、一階に向けて『すいませーん』と叫んでみるが、窓が閉まってたら、気付かない。
ハンガーや洗濯ばさみを庭に落としてみるが、無駄。ベランダから降りる勇気はない。

暑い時期だったんですよね。薄着でノーブラで出てしまって。これじゃ外を歩けない。

諦めて、ご近所さんが通るまで待った。知り合いが通るまで。長かったわ。
『ピンポンして、1階の義母に鍵を開けてくれるように伝えて下さい』と
ベランダから話しました。

これも、田舎だから可能だったことですよね。マンションだったら、どうするんだろう。

『あっらー、大変ね。うちもあったわよ』と言われました。
この閉め出し、結構、経験があるママさんも多いのでは?

ベランダ閉め出し対策

我が家は2階にしか干さないのですが、1階に干す時は、鍵を持って出ることですね。

それから、エプロンして、ポケットに携帯を入れるようにしました。今ならスマホ。

あとは、窓に何か物を挟み、窓を閉めないことです。
布団ばさみや洗濯ばさみ、雑巾など。

扉、窓のストッパーを利用する。

そして、子供に開け閉めできるように、教えました。
これは、ちょっと大きくなってからですね。

今となっては、笑い話、いい思い出です。子供は、もちろん覚えてません。

ただ、窓を割った。119番に電話したって話もありますよ。
そうなると笑えませんよね。

ちいさいお子さまを持つママさん、他人事じゃないですよ。

我が家は2世帯住宅です。鍵を持って、外に出ることが少ない。
誰かが家にいますからね。1人になることが少ない。
回覧板、ゴミ出し、すぐに戻る時は、つい油断する。

閉め出しをくらう可能性は、いつだって、あるのです。
そんな時に限って、ひどい格好してますしね。
気をつけましょう(^^)/ ← 自分に言い聞かせる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る