待機児童問題『保育園落ちた日本死ね!!!』について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
母と手

朝、とくダネ!でやってましたね。他のテレビでもやってます。
あるブロガーさんの記事が話題になってると。

何なんだよ日本。
一億総活躍社会じゃねーのかよ。
昨日見事に保育園落ちたわ。
どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか。

こちらの文から始まる記事ですね。全文はもっと長いです。少し引用しました。
http://anond.hatelabo.jp/20160215171759
ちゃんと全部、読ませて頂きました。

スポンサーリンク

母親としての視点から

大変ですね。働きたくても働けない。預けたくても預けられない。
それじゃあ、会社に復帰できない。どうすんだよって感じだね。

待機児童問題が解決されていない。
もう、ずいぶん前からの問題なのに、一向に解決されない。
認可保育園に希望しながら 入園できない待機児童数は、都市によっては、まだまだ多い。

行政に対して怒りが向くのは当然です。確かに、無駄に使っているお金が多い。
そんなもんにお金使うならって思うよね。
言葉は荒いけど、言ってることは、わかります。
エンブレムに不倫議員・・うんうん。最近、話題になってるわ。

問題提起した意味はある。これだけテレビで取り上げられて。
それだけの問題ってことですから。投稿に『いいね』が30000件。

保育士が足りない。保育士が低処遇だからって、テレビでやってた。
問題を少しずつ改善して欲しいですね。国をあげて、この事態をなんとかして下さい。

地域の格差

ちなみに、私は同居なので、義母に預けて働いていました。
なので、この問題の本当の大変さがわかりません。

多分、無縁の地域もたくさんあって、初めて知ったママ達も多いことでしょう。
地域格差がある。温度差がある問題ですね。

田舎なので、保育園は空いてて、保育園自体が、なくなっていくぐらい。
そして、自分のように、同居家庭が多いですね。

核家族化・老老問題

同居、そういう選択はないのだろうか。老々問題もあるでしょ。
核家族化が進んで、同居、実家に預けたりが、難しい世の中でもあるんですよね。
自分が、仕事を辞めて、主婦になったきっかけは親の介護です。

あ・・でも、同居、義母に預けるのも、いろいろと大変なんですけどね。
それでも、社会に出ている間は、育児から少し離れて、仕事頑張れて、あの頃は良かったと思う。

論点がずれましたね、それは別問題ですね。

働きたい気持ちは、わかる。社会に出たい、そう思っているお母さん達を応援したいです。

ブロガーの視点から

匿名の1記事が、ここまで話題になるなんて。

この記事のタイトル、破壊力がありますね~。うまいですね。

『死ね』って言葉を使うのがいいことだとは思わない。活字になるとキツイでしょ。
『日本死ね』って、言いすぎかな。子供には聞かせたくないですね。

ただ、だからこそ、怒りがよく伝わってきます。
その後の文章を読めば、理不尽さがわかるし。
テンポがよく、ガンガンと素直な気持ちが書かれている。思ったことがストレートに。

言葉は荒く汚いですけどね。何が言いたいかを伝える力がすごいから共感を得ている。
それだけ同じような立場の人がいる。呼びかけてる。自分だけの問題じゃないって。
言葉がきついから反感もある。

そして、『日本死ね 保育園受かった編』まで登場。

受かった人も、問題提起してます。保活の大変さが書かれています。
保活ってあるんですね。読みました。・・・

うん。おかしいですね、日本・・。

こんなに大変なんだ。今回のブロガーさん達の記事で気づきました。

これが、ブログの記事のすごさなのかなって思いました。
ブロガーとしては、記事がバズり、大当たりです。

【追記】

3/3 ついに、国会まで声が届きましたね。すごいなぁ。ここまでになると怖い。
ブログ、ツイッター、今の世の中、良くも悪くも、何が起きるか わからないね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る