インフルエンザでの学級閉鎖について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
school_chakuseki

我が子は、今日から学級閉鎖です。3日間。昨日、学校から突然メールが入ってきました。
まぁ、だいたい予想はついてましたけど。金曜日の時点で5人以上休んでましたから。

リアルタイムの話題ということで、学級閉鎖について書きます。

これ、働いているお母さんにとっては、緊急事態なんですよね。
翌日から3日間の預け先を確保しないと。

行事と違い、いきなりで、それも3.4日と長い。ものすごく、困ってました。
子供は微妙に喜んでます。親は複雑ですね。まぁ、発症していないだけでも、いいんだけど。

illust1274_thumb

スポンサーリンク

学級閉鎖の基準は?

メール案内だけではなく、通達をもらってきました。
そこに、欠席者、そのうち、インフルエンザでの欠席の内訳、学級閉鎖の期間、過ごし方が書かれていました。

基準に、正式な決まりはないようです。学校医に相談の上、校長判断、教育委員会に報告。
だいたい、20%~3分の1以上が目安のよう。クラス、学年、学校と占める割合です。

子供のクラスは40人弱。それで、欠席・早退者を合わせたら15人も、昨日いなかったそうです。
そのうち、インフルエンザの確定診断が出ている子は9人。
欠席者が、クラスの3分の1以上、インフルエンザは20%以上ですね。

これは、当然、学級閉鎖ですね。改めて、インフルエンザの感染力って、やっぱりすごい。
先週末の時点では5人。そこから、一気に広まりました。
この、広まる前に対策して欲しいと思うんだけど、それは、現実的に難しいですよね。

学級閉鎖の学校・クラス名、欠席者数、インフルエンザ患者数、閉鎖期間などは
県のインフルエンザ情報サイトに掲載されています。

これを見ると、割合にもバラつきがあります。
もともと、クラスが20人の学校もあれば40人のクラスもあります。
一概に%だけでは、判断ができないようですね。

学級閉鎖の期間は

うちの学校の場合は、だいたい3日です。土日を挟む場合は2日。多い時で4日。4日は稀です。

ただ、同じクラスが、またーーってこともありましたよ。
少し日数を置いて、また流行る。A型とB型両方が流行ることもあります。

学級閉鎖の期間の過ごし方

これは、原則として、自宅待機。保護者と一緒でも、なるべく外出は控えて下さいと書かれていました。
なるべく・・。そうですよね。けどですね、完璧に守る人は、少ないでしょう。

〇〇ちゃん、旅行に行くんだってって、子供が話してました。旅行は・・。
学校、部活は休みでも、元気だったら、習い事にも行かせたいでしょう。
外では遊びませんが、買い物ぐらいは。だって、家に置いたまま、出掛けるのも。

周りに感染させないように配慮が必要。もし、発症したらってことです。

なるべく心がけます。大量の宿題がありますしね。

授業の遅れは大丈夫なの?

授業時間が規定に満たなくなるようであれば、補習です。
そんなクラスが、今までありました。3学期に2回も学級閉鎖があれば必然的ですね。

5時間で帰る日を6時間に延長したり。それはそれで、子供にとっては嫌ですよね。

これから、卒業式のシーズンです。
以前、幼稚園の卒園式の後に大流行したことがあったんです。
これは、無理に出席した、お子さん、親御さんもあったのかなと。

体育館という密室だと移りやすい。一大イベントだけど、もし、身体が弱い子や
疾患を持っている親御さんがいたら、やっぱり欠席すべきだと思います。

これ以上、流行らないことを、我が子も罹らないことを願います。illust1589_thumb

追記:学級閉鎖3日目。担任から電話がありました。クラス全員の子の、その後の体調把握。
この3日間、クラスのお友達、続々と発症している。早く落ち着いてほしいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る