Google AdSense広告・貼り方|アフィリエイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
くまパソコン

まだ、始めて17日のサイトですが、記事数が増えてきたので、まずは、Google AdSense広告を貼りました。
すでに、広告が表示されています。
記事が少なく、アクセスが少ない時は、まだ無意味なので、いつも、少し待ってから入れています。

スポンサーリンク

Google AdSenseとASP

アフィリエイトのやり方には、この、Google AdSenseASP(Affiliate Service Provider)があります。

私の中では、アドセンスはASPではないと思っていたのですが、夫曰く、アドセンスだって、ASPでグーグルが主催している・・? そう言われば、そうです。ただ、自分の中では、ちょっと違います。少し違いをまとめます。

Google AdSenseの特徴

クリック型の報酬です。広告を入れる場所と大きさを指定したら、自動でページ内容、閲覧者に合わせて適切な広告を入れてくれます。選ぶ必要がなく簡単。

クリックを誘導したりしてはいけません。1ページに3つと、貼る数に規制があります。
なので、アドセンスは、貼る位置を考える必要があります。適切な箇所に貼ることが大事。

最初に設定はいりますが、あとは、ずっと、貼っておけば大丈夫で、特に管理がいりません。

初心者は、まずは、Google AdSenseが始めやすいですね。
ただ、単価が低く、PV(ページビュー)がある程度ないと、なかなか成果は出ません。

過去のサイトで、1日20000PVで、やっと1日に10000円ほど。これが最高でした。
ある記事にアクセスが集中して、その時期のみです。

ちなみに、今月、2月21日支払分のアドセンス収入は、11,774円。どんどん下がってます((+_+))
そんなものです。このサイトは、当然、まだ0。この収益は、更新をほとんどしていない他のサイトです。
丸1ヶ月、何もしなかったんですね。それでも収入を得ることができるのがアフィリエイトの魅力ですね。

初心者には、やりやすいですが、集客できるサイトを作らないと成果を上げるのは厳しいです。
PVを伸ばすことが大事ですね。それが一番大変なのですが(^_^;)

なお、最低支払額は8000円以上、振込手数料は、かかりません。

ASPの特徴

クリック型もありますが、成果報酬型が多いです。誘導できます。
その商品やサービスをお勧めして、販売された場合に報酬が入ります。
初回のみだとか、条件もそれぞれです。本人OKの商品も多く、自分にもメリットがあります。

楽天アフリエイト、アマゾンアソシエイトは、その中から、商品を探してリンクを貼ります。料率は低いです。数を売らないと、なかなか売り上げは伸びません。

A8、リンクシェア、バリューコマースなどは、広告主を自分で探し、申請します。
自動もありますが、審査がある広告主が多い。待ちます。
報酬額が大きい。集客が少なくても、成果が上がりやすい。大きく稼ぐなら、こっちです。

どちらも、並行して、上手に使うといいと思います。

Google AdSense広告にサイト登録

アカウントは1人につき1IDなので、1つのサイトで申請をして、通れば、その後、複数サイトを追加登録できます。
右上の赤丸の歯車マークをクリック ⇒ 設定 ⇒ アカウント ⇒ サイト管理 ⇒ サイトを追加。

広告の設定- Google AdSense

Google AdSenseの審査について

最初のサイトの申請は、記事を5つほど書けば、審査は通ります。
1記事に500字程度が目安でしょうか。引用やコピーのみは、やめましょう。
リンクも最初は、なしでいいです。余計なことはしない。

数行のテスト記事、画像だけではなく、最初だけ、頑張って記事を書きましょう(=^・^=)
私の中では、10記事だったのですが、夫は5記事でOKだったと言っています。

1日ではなく、予約投稿で、日にちをバラバラで1週間程度の期間にして投稿するといいでしょう。 ペラサイトと思われないようにしましょう。
サイドバーもそれなりに。プロフィールや新着記事などを入れてみましょう。

審査に不合格でも修正して再審査してもらえばokが出ます。が、少し時間がかかります。

ポリシー違反(アダルト、暴力的、誹謗中傷、差別的な発言など)に気をつければ大丈夫です。
とりあえず、2.3カラムのテンプレートに無難な日々の日記記事を1週間も書けばokという感じですね。

Google AdSense広告コードの作成

ログインして、広告の設定 ⇒ 新しい広告のユニット ⇒ 広告自体に名前をつけて、サイズとタイプを決定 ⇒ 保存してコードを取得。このコードをコピーします。

広告の設定- Google AdSense(1)

Simplicityにて設定

SimPlicityは、この広告設定が簡単にできます。配置も、そのまま使わせて頂いています。

外観 ⇒ ウィジェット 広告の各サイズごとに、左側からテキストをドラッグします。
テキストの中に、先ほどGoogle AdSense作成したコードを貼り付けます。

ウィジェット ‹ のんびりママの気になる木 — WordPress(4)

カスタマイズの広告の設定と投稿記事の設定

ウィジェットは、広告コードの設定ですが、位置やラベルはカスタマイズ画面で設定します。

全ての広告を表示、本文記事中、トップページ、中央表示、パフォーマンス追求広告の表示に☑を入れました。

カスタマイズ- メニューボタンとトップへ戻るボタンを変更 のんびりママの気になる木

最後の、パフォーマンス追求広告は、最大限の利用、ページに広告が3つ表示されていない場合に、自動的に表示してくれます。便利です。

カスタマイズ- メニューボタンとトップへ戻るボタンを変更 のんびりママの気になる木(1)

PCトップページ記事一覧の上「広告ペース728×90」

スマホトップページ記事一覧の上「広告 320×100」

この2つのウィジェットが追加されるので、ここにも、このサイズの広告コードを入れます。(Google AdSenseで、この大きさの広告を作成します)

ただ、ナビメニューにサブが設定されると、カーソルを合わせるとかぶるので規約違反となります。なので、このサイトは、サブが設定されていません。

ウィジェット ‹ のんびりママの気になる木 — WordPress(3)

もし、ASPを同じページで使う場合、投稿画面で、アドセンスの広告をはずすことができます。併用も可能ですが、ASPの方の規約も確認しましょう。

また、記事の内容によって、広告が不適切に思える時は、はずしています。

投稿の編集 ‹ のんびりママの気になる木 — WordPress(2)

広告の除外に☑をいれれば、アドセンスがこのページには表示されません。

このサイトの配置ですが、投稿記事は、記事の見出しh2の上。そして、記事の下に横2列。
トップページは、PCかが記事一覧の上と一覧したに横2列。
スマホは、記事一覧の上と、記事一覧の間、記事一覧の下。

サイドバーのデフォルト幅が300pxです。
カスタマイズ⇒レイアウト(全体・リスト)で336PXに変更も可能です。
このサイトはデフォルトの300PXのまま利用しています。

これで、Google AdSenseの広告設定の完了です(^^)/
今までは、配置場所をいろいろと変えて苦労していましたが、Simplicityは、この設定は、本当に楽です。

Google AdSenseは、ポイントサイトと一緒に広告を出すと規約違反になります。

規約違反には気をつけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る