「子供のゲーム機バキバキ」で炎上について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
a0001_001799

高嶋ちさ子さんの新聞記事、その中の『ゲーム機バキバキの写真』が問題になってますよね。

スポンサーリンク

ゲームで遊ぶことに関する躾方法について

まず、ゲーム機に関しては、それぞれの家庭で方針があると思う。
とやかく言うことではない。

我が家の場合です。

我が家にも、ゲーム大好きな娘がいます。
そして、私も、夫もゲームが好きなんですね。3人で、よくWiiUしてますよ。

ゲームも使い方次第で、コミニュケーションが増えたり、考える力、達成感が味わえる手段だと思います。
このサイトに、ゲームの記事がちょこちょこと出てきますが、タブレットでもやっています。

ただ、夢中になったりすると、勉強に差支えます。眼が悪くなるのも心配です。
なので、時々怒ります。時間制限します。約束させます。

宿題をやる前にやろうとした時は、もちろん、すっごく怒ります。
宿題、復習が終わってから、余った時間のみです。

新聞記事に全部、目を通しました。きちんとした考えがあり、子供さんもしっかりしている。
ゲーム機を壊すことが飛び火しないようにと書かれてますね。

けど、私は、壊せないですね。もったいないし。

子供が夢中になれば、途中でやめないこともあります。約束破った時・・
その時、私は隠しました。しばらく、やらせない。見つからない場所に。

壊す勇気はないですよ。だって、これも、お金がかかっています。
次に、また買うのって大変でしょ、現実的に。そこまで、裕福な家庭じゃないです。
頑張って働いたお金で、娘にプレゼントしたもの。そんな簡単に破壊はできないですね。

そりゃ、そこまでやれば、子供も衝撃を受けて変わるでしょう。本気を出すと思う。
心に残ると思うよ。

私が子供の時、母親が厳しく、よく捨てられました。それって、自分の宝物だった。
言うことを聞かなかった自分が悪いんだけど、今でも覚えてますよ。キレやすい母親だった。

これ、データは大丈夫だったのかな? 積み重ねたものは? そこまでの達成感は?
友達登録とかはなかったのかな?

ただ、隠すだけ。その程度は、甘いかもしれない。
どうせ、そのうち出してくれるでしょって舐められるかもしれない。

物を大事にすることも躾だと思ってます。
一生懸命作った人達がいる。プレゼントしてくれた人の気持ちを考える。

隠す前は、チケット&スケジュール管理の一覧表を作ったこともありました。
ちゃんと勉強をしたら、30分&1時間ゲームをしていいチケットを作ったんですね。
ふと思い出して探したら、出てきました。懐かしい。

IMG_7577

子供に時間の管理、感覚を掴ませます。
勉強を何時から何時までやった。ゲームは何時から何時までやった。
表に書かせて、可愛いスタンプを私が押しました。約束を守らせるようにしました。

今は、やってませんが、それなりの効果はあったように思います。
これも、この先、スマホを持ち、自由に時間を使うようになったら難しいと思うけど。

躾も、家庭それぞれ。子供の性格、そして親の性格によって違ってくると思う。

ちょっとした息抜きの時間を奪ってしまうのも可哀相かなって。甘いでしょうか。
もう、ワンクッションあっても。チャンスをあげてもいいのかなと思いました。

追記:その後の記事で、最初から、ルールを破った時は、壊していいって約束。
3.4千円で直せる折り方。直して、クリスマスに返してあげたんですね。なるほど。
それでも、思い切った行動だと思いますが(^_^;) 物を壊して修理ですか。。
3.4千円が2台は痛い出費です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る